【顔画像】成田悠輔の父親は高学歴で麻布高校!同級生からは危険人物扱い?

成田悠輔氏、イェール大学の助教授としての顔と経営者としての顔を持ち、メディアにも多数出演する一方、その弟の成田修造氏もクラウドワークスの副社長として活躍しています。

そんな天才、秀才の二人の父親はどんな学歴でどのような人物なのか気になるところではないでしょうか。

この記事では、成田悠輔氏の父親が持つ高学歴の背景、そしてその人物像について解説します。

この記事でわかること
  • 成田悠輔氏の父親が麻布高校出身であること
  • 父親が早稲田大学に進学したが中退
  • 成田悠輔氏と修造氏への父親の影響
目次

【顔画像】成田悠輔の父親は高学歴

成田悠輔氏、現在はイェール大学の助教授として、また経営者としても名を馳せる一方で、メディアへの出演も多数。

そんな二人の背後には、一風変わった父親が大きく影響しています。

ちなみに、こちらは弟さんです。

父は麻布高校出身

成田悠輔氏の父親は、東京都港区にある名門、麻布中学校・高等学校を卒業しています。

偏差値が75から76とされるこの学校は、日本国内で最も進学校の一つに数えられ、難関大学への進学実績も非常に高いことで知られています。

成田氏の父親がこの学校を選んだことからも、高い知的好奇心がうかがえますよね。

学校名:麻布中学校

住所:東京都港区元麻布2-3-2

偏差値:76

麻布中学校は、東京都港区にある中高一貫校。

難関大学への進学率も高く、男子校御三家の1つ

大学は早稲田中退

さらに成田悠輔氏の父親は、麻布高校卒業後、早稲田大学に進学します。

しかし、何らかの理由で早々と退学してしまっています。

早稲田大学は、日本を代表する私立大学の一つですよね。

そのため、成田氏の父親がどのような事情で退学に至ったのか、その経緯については多くの関心が寄せられています。

シャーロック

学生運動にも参加されたようなので、そのことが影響しているのかも知れませんね。

高校の同級生からは危険人物扱い?

麻布高等学校時代の成田悠輔氏の父親は、同級生から「成田だけは危険人物(何しでかすかわからない)」と思われていたそうです。

文学青年としての側面も持ち合わせており、悠輔氏自身がインタビューで「昭和の文学青年の生き残りのような人だった」と述べています。

家にはマルクスの本や小林秀雄の全集、寺田寅彦の全集など、深い思索を促す書籍が数多く置かれていたとのこと。

シャーロック

彼が周囲とは一線を画す個性的な人物であったことは間違いありませんね。

成田さんの父親は現在失踪中で、成田悠輔さんも弟さんの修造さんも現状がわからないとのことで、顔写真も公開されていませんでした。今後に期待ですね。

成田悠輔の天才気質は成田悠輔父親が影響?

成田悠輔氏とその弟、修造氏の才能と成功は目覚ましいものがありますが、彼らの背景には、一風変わった父親の存在が大きく関わっているようです。

父親はどのような影響を二人に与えたのでしょうか?その疑問に迫ります。

父親は思想家

成田悠輔氏の父親は、一言でいうと「思想家」でした。

彼は奇人変人とも言われ、強烈な個性を持っていたようですね。

小林秀雄が亡くなった際には涙を流して悲しんだというエピソードからも、彼がいかに深く思想や文学に没頭していたかが伺えますよね。

また、家には彼の興味を映し出すような、美術、歴史、思想に関する本が数多くあり、その中にはマルクスの本や小林秀雄の全集、寺田寅彦の全集など、時代を代表する思想家の著作も含まれていました。

父親自身も学生運動に関わるなど、社会性に欠ける面があると自覚していたものの、その独特の世界観は息子たちに大きな影響を与えました。

シャーロック

父親の多くの部分が成田悠輔さんに遺伝しているような気がしますね。

父親の難しい本を読んでいた

成田悠輔氏が少年時代、暇を見つけては父親の蔵書に手を伸ばし、難解な本たちを読みふけっていたといいます。

この読書経験が、悠輔氏の深い思索と幅広い知識の基になっていると推測されます。

本から得た知識と思想が、彼自身の研究やビジネス、さらには公の場での発言にも生かされていることでしょう。

ちなみに、成田悠輔氏の読書については以下の動画が面白いです(本を読むハードルがすごく下がりますよ)。

この記事を書いた人

シャーロックのアバター シャーロック Webライター

シャーロックの運営するブログへようこそ。
このブログは、エンターテインメント情報を中心に、注目のニュースやトレンドを選りすぐって提供しています。
運営者のシャーロックは、日常生活の中で得た刺激や情報を共有し、エンターテインメントの世界を深く探求していきたいと考えています。読者に有意義なコンテンツを提供し、エンターテイメントを身近に感じてもらうことが目標です。

目次