【顔画像】坂東龍太の父の破天荒エピソード9選!ワイン作りで自由生活!

坂東龍太さんの鮮烈な演技や存在感、プライベートでも最近話題ですね。

しかし、坂東龍太さんを自分たらしめている背景には、非常にユニークな家族の存在があります。

特に坂東龍太さんの父は一時期映画監督を目指してアメリカへ渡り、その後技工士としての道を歩み始めました。さらに現在では北海道でワインを作りと破天荒で由気ままな生活を送っています。

この記事では、映画監督から技工士、そしてワイナリー経営者へと変わる父親の人生と、息子である坂東龍太さんをどう形作ってきたのかを坂東龍太さんの証言をもとに掘り下げていきます。

この記事でわかること
  • 坂東龍太の父親の多彩な経歴
  • 父親が息子にシュタイナー教育を受けさせた理由
  • 父親のユニークな芸術性が坂東龍太にどのように影響を与えたか
目次

坂東龍太の父の破天荒な経歴

坂東龍太さんの父親は、一風変わった経歴を持つ人物です。

その人生は、映画のようにドラマティックで、息子である坂東龍太さんのキャリアにも大きな影響を与えています。

坂東龍太のプロフィールと出演作品

まずは、坂東龍太さんについておさらいしておきましょう。

坂東龍太さんは、現在若手俳優として注目を集めています。

彼の出演作品には、「弱虫ペダル」や「真犯人フラグ」など、多数のヒットドラマや映画があります。

坂東龍太の出演作品
  • 弱虫ペダル
  • 真犯人フラグ
  • 未来への10カウント
  • ハニーレモンソーダ
  • 犬部
  • スパイの妻

彼の演技力は、幼い頃から受けたシュタイナー教育や、独自の家庭環境によって培われたと考えられます。

では、坂東龍太さんに特に影響を与えたとされる父親とはどのような方なのでしょうか?

坂東龍太の父はどんな人?顔画像は?

まずは、坂東龍太さんの父がどんな人か調査してみました。

おそらく、FacebookやワイナリーのHPなどを調べてみおた結果、以下の方がお父様ではないかと思われます。

坂東龍太の父の画像
出典:洞爺湖バイオダイナミックファームHP

父は技工士の学校を卒業

坂東龍太さんの父親は、大阪歯科学院専門学校を卒業した後、技工士としてのキャリアをスタートさせました。

しかし、素直に歯科技工士になったわけではないんですね。

この背景は、後にアメリカでの新しい挑戦へとつながります。

坂東龍太の父は映画監督を目指してアメリカへ

技工士の学校を卒業後、技工士としてのキャリアには進まなかったそうです。

19歳で映画監督を目指し、カリフォルニアに渡米したんですね。

この時点で、普通の人とは違う考え方や人生観をもっておられるようです。

しかし、残念ながら夢を実現することはできなかったようです。しかし、この経験は彼や家族の人生において大きな転機となりました。

技工士の会社を立ち上げる

アメリカで映画監督の夢を追う中、結局はニューヨークで技工士の会社を立ち上げることに。

この頃から、技工士のキャリアに戻ってくるのですが、それにしてもアメリカで会社を立ち上げてしまうですから、これもすごい行動力です。

この時期に培ったビジネス経験と技術力は、後にワイナリー経営へと繋がっていきます。

陶芸家の奥さんと出会う

ニューヨークで技工士の会社を経営していた時、陶芸を教えていた女性と出会い結婚します。

この出会いが、彼の人生においてさらなる豊かさをもたらしました。

また、この時期に生まれた子供たち(坂東龍太さんと姉)は、多文化な環境の中で育つことになります。

現在はワイン作って自由生活

バイオダイナミックファーム
出典:洞爺湖バイオダイナミックファームHP

最終的に、坂東龍太さんの父は、北海道でワイナリーを経営しています。

父のこの生活は、自由で破天荒ですよね。これは息子の坂東龍太さんにも大きな影響を与えているようです。

このような環境で育った坂東龍太さんは、自然と芸術に対する深い理解と感受性を持ち合わせています。

父親のワイナリーは、自然農法とバイオダイナミック農法の融合による独自の農法でブドウを栽培し、ワインを作っています。

「仲洞爺バイオダイナミックファーム」として知られ、北海道の豊かな自然の中で、持続可能な農業を実践しています。

このワイナリーは、地域社会における持続可能な農業のモデルとしても注目されているようですね。

坂東龍太の父とシュタイナー教育

坂東龍太さんの父親は、子供たちに対して自由な発想と創造性を重んじる教育方針を持っています。

特に、シュタイナー教育に大きな影響を受けたことが、坂東龍太さんの成長において重要な役割を果たしています。

父がシュタイナーに感銘を受ける

坂東龍太さんの父親はシュタイナー教育に感銘を受けたそうです。

シュタイナー教育は、簡単に言うと、子どもの自由な発想力と創造性を育むことを重視した教育だそうです。

少し気になったので調べてみました。

シュタイナー教育とは?

シュタイナー教育は、オーストリアの哲学者ルドルフ・シュタイナーさんが始めた、世界中で人気の教育方法です。このやり方は、子どもたちが頭、心、体のすべてをバランスよく伸ばすことを大事にしていて、ただ単に知識を詰め込むんじゃなくて、それぞれの子の個性や得意なこと、創造力を大切に育てようとしています。

基本の考え方って?

  • まるごと成長: シュタイナー教育は、子どもたちが考える力、感じる心、動かす力をうまく育てるように気をつけている。
  • みんな違ってみんないい: それぞれの子の特性や成長の段階を大切にして、その子に合った教育をするようにしてる。
  • いろんなことを一緒に学ぶ: 勉強だけじゃなくて、芸術や工作、自然とのふれあいも一緒に学んで、子どもたちの感じる力や創造力を伸ばす。
  • リズムを大切に: 毎日の生活のリズムや1年を通した行事で、子どもたちが安心感を持てるようにして、四季の変わり目や文化を学ぶ。

実際にどうやってるの? シュタイナー学校では、子どもたちが自分からやりたくなるように学びを引き出すそうです。競争やテストに頼らずに、自分のペースで学べる場所を提供しています。絵を描いたり、音楽をやったり、劇をしたり、言葉を学んだり、農作業をしたり、いろいろなことが学べるカリキュラムがあるから、学びがただの知識じゃなくて、本当に心に残る経験になるそうです。

どんないいことがあるの? シュタイナー教育を受けた子どもたちは、自分を表現する力や、創造的に問題を解決する力があると言われています。友だちとうまくやっていける力や、いろんな人がいることを尊重する心も育つちます。この教育で、自分や他の人、世界全体とどうつながっているかを理解して、みんなを大事にすることを学ぶようです。

シュタイナー教育の概要を見るとわかりますが、なんとなく坂東龍太さんの父親と繋がるところがありませんか?

坂東龍太さんの父親がシュタイナー教育に共感するのがわかりますね。

息子(坂東龍太)にシュタイナー教育を受けさせる

この感銘を受け、坂東龍太さんの父親は息子にシュタイナー教育を受けさせる決断をしました。

坂東龍太さんは幼少期からこの教育を受け、自然と共に生き、自分自身の内なる声に耳を傾けることを学びました。

この教育が、彼の豊かな感受性や芸術に対する深い理解の基礎を築きました。

坂東龍太の特技は父ゆずり?

坂東龍太さんが持つ多彩な特技は、父親の影響が色濃く反映されています。

社交ダンス、ギター、バイオリンといった特技は、シュタイナー教育を通じて育まれたものですが、それを支えたのは父親の「子供の興味を尊重し、支援する」という姿勢です。

この記事を書いた人

シャーロックのアバター シャーロック Webライター

シャーロックの運営するブログへようこそ。
このブログは、エンターテインメント情報を中心に、注目のニュースやトレンドを選りすぐって提供しています。
運営者のシャーロックは、日常生活の中で得た刺激や情報を共有し、エンターテインメントの世界を深く探求していきたいと考えています。読者に有意義なコンテンツを提供し、エンターテイメントを身近に感じてもらうことが目標です。

目次